いつつ星会健康経営宣言

 いつつ星会では、より良いサービスを提供するために、職員が機嫌よく仕事ができることが一番と考え「ご機嫌介護」を提唱しています。
 「ご機嫌介護」の実践のためには、職員が自身の健康を気づかい健康的な生活を送ることで、理念に謳う「最善の福祉サービスの実現を目指す」ことができると考えます。
 職員とその家族の心身の健康を最も重要な健康資源と捉え、職員が健康でご機嫌に働ける組織づくりに努めることをここに宣言します。
                           令和2年4月
                           社会福祉法人いつつ星会
                           理事長 中田 勇司

健康経営推進体制

「いつつ星会健康宣言」に基づき、健康経営の推進を図ることを目的とし、理事長を筆頭とする「ファイブスター委員会」にて職員の健康保持・増進への取り組みの情報共有及び課題の把握と改善についての検討を行います。

重点施策

1.職場のコミュニケーションの活性化等により「職場の環境改善」に資する取り組みを推進する。
2.研修等による職員の健康啓発や予防接種の実施等により「疾病予防」に資する取り組みを推進する。
3.健康診断等の実施徹底や健康診断後の保健指導等により「疾病の早期発見・早期治療」に資する取り組みを推進する。
4.メンタルヘルス不調等の「ストレス関連疾患の早期発見・対応」に資する取り組みを推進する。